協会だより

華道部活動報告

2016年新進作家展

日 時 平成28年3月22日~28日

会 場 そごう千葉店 地下通路

出品者数 42名

今年度は3月に新しいネーミングのいけばな展を開催する予定です。

 

茶道部活動報告

平成28年度春季大茶会

日時 平成28年5月15日、午前10時~午後3時

場所 千葉神社 参集殿

席主 表千家 岡崎宗洋氏、裏千家 湯浅宗雪氏、表千家 中村宗静氏 

大勢の客が訪れ盛会でした。

 

総会概要報告

平成28年度 理事会だより

平成28年度第2回理事会

日時 平成28年6月9日

場所 千葉文化センター9階会議室

開会の言葉 小柳華信氏、会長挨拶 市川定子氏、理事長挨拶 関本清人氏

議題 1.理事の分担

華道部 ○関本清人氏、田之上英楽氏、畔蒜博葉氏、      和田江華氏、古川寿光氏

茶道部 ○永井宗志氏、大野和子氏、並木一冨氏、       大沼宗寛氏、志賀理幸氏

企画部 ○小宮華雪氏、吉橋康江氏、高橋テイ氏

育成部 ○阿部琇扇氏、河田豊樹氏、内山湖紫萌氏

広報部 ○加藤鳳堂氏、茂木祐湖氏

花育   ○星野達曈氏

事務局 ○湯浅幸子氏、沖上蕉氏

会計   ○小幡春永氏、北原奈水氏

      ○印は責任者

報告 華道部:そごう展は10月を予定し、7月ごろに日程を確定したい。花育事業は15校の引き受けを申し出ているが、他の団体と共同で引き受けるため15校になるとは限らない。

茶道部:春の大茶会の決算報告と、来年度も春に開催する予定である。

企画部:今年度の新年会は1月22日(日)に開催する。フォーラム、研修会については、実施の有無、内容について今後検討する。

育成部:具体的な取り組み方、内容などについて、部内で検討する。

広報部:会誌の発行、ホームページの充実、メールマガジンの発行などを実施する。華展・茶会の参加作品写真を掲載すること、各教室の紹介をホームペ-ジに掲載することを今後検討する。

花育: 事務量が多いので、その取りまとめ報告書作成などの業務を実施する。

事務局:今年度の登録者数は、会費の入金状況が不明であるため確定していない。今後、会計と協力して確定したい。

市川会長から会員の勧誘について話があり、特に前に所属していた人を誘って会員の増加に協力して欲しい旨の発言があった。

閉会のことば 小柳華信氏の閉会の辞で終了した。

総会の概要報告

日時 平成28年4月30日

場所 千葉市文化センターセミナー室

開会の言葉 関本副理事長

会長挨拶 臼井会長

理事長挨拶 市川理事長

定則数確認 湯浅事務局長

議長選出 星野達曈氏

議事

(1)平成27年度事業報告 湯浅事務局長

常任理事会4回、理事会4回、総会1回、協会華道展、秋季大茶会、千葉フラワーフェスティバル参加、ニューイヤーコンサート共催いけばな展、成田空港生け花展示、新進作家展、花育事業開始、新年祝賀会などの事業報告があった。    

  

(2)平成27年度決算報告 小幡常任理事

  収入、会費1,292,000円、華展2,186,000円、茶席30,000円、茶券135,000円、新進作家展42,000円、新年会費1,060、000円、雑収入11,106円、前年度繰越金1,391,196円、合計6,147,302円

  支出、会議費187,310円、華展費3,028,428円、茶会費157,811円、新年会費1,136,260円、研修費0円、交通費66,140円、通信費159,675円、広報活動費3,503円、交際費68,465円、印刷費264,526円、消耗品費52,711円、負担金20,000円、保管費20,000円、雑費1,102円、前払金13,130円、次年度繰越金968,241円、合計6,147,302円、事業準備金残高7,024,956円

以上の決算について、須田監事から適正に処理されている旨の報告がありました。審議の結果承認されました。

(3)平成28年度事業計画 湯浅事務局長

常任理事会2回、理事会4回、総会1回、春季大茶会、花育事業15校、華道展、新年会、いけばな展(新進作家展を改称)、研修会、茶道部会合、などの案が示されました。

(4)平成28年度予算 小幡常任理事

収入、会費1,360,000円、華展2,500,000円、茶席30,000円、茶券150,000円、新年会費1,000,000円、事業準備金(ホームページ製作費)290,000円、雑収入10,000円、前年度繰越金968,241円合計6,308,241円

支出、会議費200,000円、華展費2,800,000円、茶会費160,000円、新年会費1,000,000円、研修費40,000円、交通費60,000円、通信費150,000円、広報活動費300,000円、交際費60,000円、印刷費500,000円、消耗品費50,000円、負担金20,000円、保管費20,000円、雑費10,000円、前払金10,000円、予備費928,241円合計6,308,241円、事業準備金残高6,734,956円

以上の事業計画、予算について審議した結果承認されました。

(5)報告

 華道、茶道、企画、広報、事務局、会計から報告がありました。

(6)役員改選

  会長 市川定子氏(新任)、理事長 関本清人氏(新任)、副理事長 高山華香氏、小柳華信氏(新任)、常任理事 阿部琇扇氏、小宮華雪氏、小幡春永氏、永井宗志氏、星野達曈氏(新任)、加藤鳳堂氏(新任)、理事並木宗冨氏、茂木祐湖氏、大野宗和氏、北原奈水氏、大沼宗寛氏、沖上蕉水氏、畔蒜博葉氏、河田豊樹氏、山岸華淑氏、志賀宗幸氏、田之上英楽氏、高橋テイ氏、吉橋康江氏、和田江華氏、内山湖紫萌氏、古川寿光氏、監事 須田宗徑氏、豊岡悦峰氏(新任)、退任会長臼井日出男氏、監事中井豊千氏の改選がありました。

(7)規約改定について 関本理事長

 会員種別を正会員、準会員、賛助会員、名誉会員の4種類にして、会員の役割を明確にしたい。また、入退会が容易にできるように、また、社中(流派)を越えて活動ができるように社中による入退会から個人単位の入退会にしたい。などの提案があり、今後、その方針に沿って規約を改定することの了承を得ました。

新旧役員の紹介のあと、高山副理事長の閉会の言葉で終了しました。